結婚するにあたり年収はどれくらい必要?

結婚しない・できない非婚・未婚層が増えています。
いわゆる結婚適齢期の男性の未婚率が高まっています。
未婚率が高くなっている背景には、ライフスタイルの変化もありますが、女性の結婚相手に希望する希望年収と、現実の年収差も見逃せません。
ついで、「300万~500万円未満」となっています。
一方で「年収600万円以上の男性」で、該当する同年代の未婚男性は3.
5%というデータもあり、超狭き門となっています。
男性の生涯未婚率(50歳時で一度も結婚をしたことがない人の割合)も急上昇しており、1970年で1%台だったのが2005年には約16%になっています。