リスクを伴う激安方法

これまでに何度も述べたとおり、脱毛とは基本的にお金がかかるものです。
それでもなんとか激安で行おうとすれば、肌を傷めるか無駄毛処理の際に痛みを伴うか・・・或いはその両方のリスクを負うのは必須です。
それでも、多少肌が傷んでも激安なら!少しぐらい痛くても激安なら!と甘受できるというのであれば、以下の方法があります。
決してお勧めはできませんが・・・

【カミソリで剃る】
最も激安な方法のひとつであり、何より手っ取り早く処理してしまえるのがカミソリの魅力ですね。
ただ、刃物を使用するのですから肌を傷める可能性も最も高くなっています。
万一傷ついてしまうと、そこから細菌が入り込む危険性もあります。

【毛抜きで抜く】
激安ではありますが、一本一本地道に抜くと時間がかかるという点がカミソリと異なる点です。
ですが、カミソリで剃るよりは比較的確実で、生えてくるまでの期間も長い方法です。
ただし、カミソリが肌を傷めるように、毛抜きの場合は毛根を傷めます。
結果、埋没毛が生じることにも。

【テープ脱毛】
脱毛用のテープを肌に貼って、一気に引き剥がすという方法。
テープは500円程度なので、こちらも激安と言えるでしょう。
ただし、無駄毛が抜ける痛みとテープを剥がす痛みの両方に見舞われます。

【ワックス脱毛】
脱毛用のワックスは約1000円で、こちらも充分激安です。
ワックスを肌に塗って乾いたら剥がすのですが、テープ脱毛以上の痛みを伴い、人によっては我慢できないほどだとか。
酷いときには、皮膚の皮までもが剥がれることもあると聞きます。

重ねて注意させていただきますが、よっぽどの激安を求めていない限りこれらの方法はお勧めできません。
ただ人の価値観はそれぞれですので、脱毛を激安にする分、髪に気を遣ってノンシリコンシャンプーを買うというのも良いでしょう。
以上は、あくまでもご参考ということで。

 

激安というのは難しい?

 

激安で脱毛するというのは正直難しいかもしれません。

肌に負担をかけてもいい、肌にトラブルがあってもいいという人なんていないと思いますから、面倒くさい方法でもキチンとした処理方法でやる事が、後の肌トラブルを生まない為に大事ことだと思います。

例えば肌になにも付けていない状態で、いきなりカミソリをあてる、などはもってのほかです。
また、ガムテープなどを使い、一気に剥がすという方法も、自宅で激安でできるという点においてはクリアですが、こちらももちろん肌にかなりの負担がかかってしまうでしょうね。

ムダ毛を処理する際には、とにかく使用前・使用後のケアが必要不可欠です。

肌を保護しつつ毛を柔らかくすることによって、カミソリや脱毛器などを使用しても、肌への負担が軽くて済みます。もちろん処理後はしっかりと化粧水などを使い、毛穴を引き締めたりした上、更に保湿して、肌の炎症を鎮めたりする必要があります。

激安で優れた脱毛効果を発揮するということ自体は難しいことですが、激安でも手間を惜しまずキチンと行っていれば、ある程度の効果は期待できるはずです。

処理した後に数多くの埋もれ毛がでてきてしまえば毛穴がプツプツ目立ってしまいますから、そうならないように気をつけたいものですよね。

激安がいいとして費用をかけないことを重視するのか、多少費用はかけても手間をかけないことを重視するのか、人によって違いますが、できるだけ安く、でもムダ毛の処理がキレイにできるというのが一番理想ですよね。

関連ページ